住宅に求めるのはシンプルさ

今住んでいる家が嫌いというわけではありませんが、建て替えることになるのであれば、もっとシンプルなものを建てたいと思います。外観は白や黒などのシンプルな色を使って統一感のある色使いをし、内部についてもシンプルな色使いをしたいです。机やイス、ソファなどの家具は認めますが、後はテレビラックくらいで、収納は作り付けの棚やクローゼットくらいしか認めたくありません。出来るだけ物が少ない家というのが私の理想なのです。
このような理想を私が持つのは、やはり今の家に不満を感じているからだと思います。物があふれ、タンスや棚から出したものは出しっぱなし。ごみが散らかっていたり、服がその辺に転がっていたり…。こういった我が家の状況に飽き飽きしてきたのだと思います。ただ、住んでいる人間がこれなので、シンプルな家を建てても結局は汚れてしまうかもしれません。a href=http://kabaya-home.jp岡山の住宅なら新築、木造住宅のカバヤホームへ/a理想の家を建てることよりも、まず、住人の悪習慣から直していく必要があるのかもしれません。。


夫の実家が何十年かぶりにリフォームしました

br /結婚前に夫の実家に何度か遊びに行ったときは、築何十年かの分譲マンションのお部屋で、畳なども古くなっている印象でした。その夫の実家が私たちの結婚と義理の父の退職をきっかけにリフォームすることになりました。
今まであまり外からのお客さんが家を訪ねることがなく、夫の家族はお義父さんお義母さん両方が働きに出ていたこともあり、家でそんなにゆっくり過ごすことがなかったようです。しかし双方が退職し家にじっとしている時間が多くなり、お風呂などの水回りや畳や壁といった部分の経年劣化が目に付くようになったそうです。
そこへ結婚に向けて挨拶などで私がちょくちょく来るようになったので、なお一層家をきれいにしておきたいという意欲が高まったということでした。
今回の大改装は水回りから畳・床の張り替え、壁紙の張り替えなど本当に目に見えるところはずいぶんと新しく入れ替えるような改装でした。
やはりお家の中全体が明るくなったように感じますし、気持ちがいいものだなと実感しました。お義父さんお義母さんも長くいる場所がきれいになって嬉しそうでした。結構お金はかかったようですが、リフォームして大正解だなと思いました。


犬のいる生活が理想的です

住宅に対するこだわりは人それぞれ持っていると思います。一日動いてくたくたに疲れて帰ってくる家ですから、自分の好きなものにしたいと思うのも当然ですよね。
私の第一の願いは、犬がいるスペースをきちんと作ることです。小さいころから犬が大好きで、実家に大きな犬がいたこともありずっと一緒にいました。大人になって思い返してみると、犬がいることで色々なことを教わったなと感じることができるんです。自分の子供にも同じような経験をさせてあげたいと思うので、住宅購入の際はそのスペースを考えたいですね。
座敷犬もアリだとは思うのですが、犬には庭を駆け回っていてほしいというのが個人的な願いです。それに大型犬だと室内でいたずらしたときに凄いことになりますから。
そうなるとけっこうな費用がかかってしまいますが、理想ですので頑張ってマイホーム貯金をしている最中です。まだもう少し時間が必要ですが、夢を叶えるためと思えば頑張れますよ。